泌尿器科で仮性包茎の治療をするときに知っておきたい知識

仮性包茎では保険はきかない

泌尿器科で仮性包茎の治療をする場合は保険はききません。泌尿器科で治療をすれば保険がきくと思っている人がたまにいますが、保険がきくのは真性包茎の場合です。仮性の場合には泌尿器科でも全額自己負担ということになります。真性は通常時はもちろんですが、勃起した時にも亀頭部分が包皮におおわれたままの包茎で、仮性は勃起時はちゃんと皮がむけるという違いがあります。

真性包茎は一刻も早く手術することが望まれるので保険が使えるようになっていますが、仮性包茎は差し迫って手術が必要というわけでもないので保険がききません。泌尿器科でよく行われている手術法は、環状切開法と呼ばれるもので、これはだいたい10万円くらいで受けることができます。

美容外科などで手術すると、20万円くらいかかることもざらなので、泌尿器科の包茎治療はけっこう安いといえます。真性包茎で保険がきくなら、3万円程度で手術を受けることができます。

泌尿器科の手術法は美容的効果はいまいち

泌尿器科で仮性包茎の手術をしてもらう場合には、環状切開法という手術法を使うことになる場合が多いです。この方法は、ペニスの余っている皮を中央あたりで切除し傷口を縫い合わせるものです。シンプルな手術法で料金も安いため、とにかく仮性包茎が治りさえすればいいという方にはおすすめかもしれません。

しかし環状切開法は、美容的効果はいまいちだという点はよく覚えておきましょう。傷跡がペニスの真ん中あたりにきてしまうためツートンカラーになりやすく、手術をしたことが他人に知られてしまうかもしれません。そんなのは気にしないという人なら問題ありませんが、なるべく知られたくないというなら、泌尿器科ではなく美容外科などで手術を受けた方がいいです。

美容外科は包茎を治すだけでなく、美容効果もしっかりと考慮に入れて手術をしてくれます。例えば亀頭直下に傷跡をもってきてなるべく目立たなくするなどの高度な手術を行うことができます。

まとめ

泌尿器科で仮性包茎の手術をする時にメインの治療法になるのが環状切開法です。この方法は保険はききませんが料金は10万円前後とわりと安いのが魅力です。しかし環状切開法で手術をすると、ツートンカラーといって、術後に傷跡が目立つようになってしまう可能性があります。

ツートンカラーになるのが嫌ならば、美容外科で仮性包茎の治療をした方がいいかもしれません。美容外科だと料金は泌尿器科よりも高くなることが普通ですが、美容効果のある手術を行ってくれます。